2012年12月18日

『○○○のミイラ』

こんにちは、

saintarrow代表の佐藤文了哉です。




これは世にも奇妙な物語。。。

恐がりな人は、読まれない方が・・・




去年の4月、私の誕生日の日から、あることを始めました。

それは、、、



【四国お遍路】



誕生日という区切りから始めたいと思い、

佐藤友美と二人でいざ四国へ。



白装束に傘をかぶり、杖を持ち、

背中には10kgくらいのリュックを背負って、

毎日20kmくらい歩く日々。



といっても、四国八十八か所を一度に歩くのは

早くて40日間くらいかかるので、スケジュール的にちょっと無理。。。

なので、区切り打ちといって、途中途中で区切って歩くことにしました。




歩いていると、地元の人から

『学生さんかね〜?』

と声を掛けられたりすることが。(しかも何度も。)

さ、さすがに、昔は学生だったが、それは10数年前の話し。。。



どんな風に見えるのやら???と思いつつ、ただひたすら歩く、歩く。




さて、歩き始めて3日目に、四国最大の難所とも呼ばれるところにさし掛かります。

焼山寺山という標高938mの山の八合目にある焼山寺を目指し、

山を登り、下り、そしてまた登るのです。

途中「遍路ころがし」と呼ばれる急な山道をいくつも乗り越えながら。。。




この難所に挑む前の晩に山のふもとで泊まった宿で、

ごはんのデザートでみかんが出ました。



私はその時に食べたのですが、友美は「明日の山越えのおやつにしよう」

ということで、友美の分は持っていくことに。



そして、翌日、山越えには8時間ほどかかるので、

朝早くから歩き始めました。




いよいよ焼山寺山に入り、登り始めると、、、

友美『なんか黒い人がいっぱいいる。。。』



外国人の黒人さんが来ていたわけではありません。

(あ、実際、黒人の人で袈裟を着けて、足袋を履いてお遍路している人には会いましたが)



友美が見た黒い人は、もちろん生きている人ではありません。

別にそういう人を見るのは、珍しいことではないので、



私『ふーん、そうなんだ』くらいで、軽くやり過ごす。




そして、また、

友美『なんか重い、誰か乗ってる。しかも、火傷してて気持ち悪い顔が見える。。。』

『あっ、次のお寺、焼山寺だよね!』

『この山、昔、焼けたんだよ!!』

『だから、みんな火傷したり、焼かれて死んだから黒くなってるんだ。』

二人とも妙に納得。



納得はしたが、重いのは別に取れないので、九字を切ったり、

持っていた杖で、友美の背中をバシバシ叩いたりして落としてあげる。

(杖のこの使い方、結構効果があることが分かって、新たな発見でした)




そんなこんなして疲れたので、休憩してお昼を食べることに。

昨日のデザートで友美が取っておいて、おやつで持ってきたみかんの皮をむく。



そこには、世にも恐ろしいものが、、、



、、、ありえない。

昨日もらったみかん。

昨日私が食べたみかんは、とってもジューシーでおいしかった。

持ってきたみかん。外の皮はそのまま、昨日と同じ。

しかし、皮をむいた中から出てきたもの、

それは、、、



【みかんのミイラ】



みかんの実の水分が無くなっている!!

本当です。

これが証拠写真

  ↓↓↓
P1010783

P1010782

P1010781




別に死んでる人が出てきたからって、驚きません。

しかし、みかんの実がカピカピになっている。。。

これにはさすがに驚きました!




そして、持ってきた当の友美は、、、

『さっき背中に乗った人に、みかん食べられた〜!!(怒)』



、、、とっても怒っていた。。。



そうか、焼けて亡くなったから、のどが渇いていたんだよね。。。



みかん一個でその人は成仏できただろうか・・・?



休憩した場所には、お大師さま(空海)の大きな石像が私たちを見下ろしていました。

P1010779





本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。



あなたが豊かで幸せな『自分本来の人生を歩む』ことを
これからもサポートさせて頂ければ幸いです。




大好きな恵比寿のオフィスにて、、

All Love,
佐藤文了哉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
p.s
空海が伝えた密教の秘伝の祈祷法↓

⇒ http://blockrelease.net/member/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<saintarrow / Elfin-Lord オフィス>

有限会社saintarrow
〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
info@saintarrow.co.jp

★☆★佐藤友美のスピリチュアルメッセージ★☆★
http://elfin-lord.com/blog/

【ブロック解放プロジェクト】
http://blockrelease.net

【ブロック解放PJメンバーシップ】
http://blockrelease.net/member/

【ライトブリッジプロジェクト】(東日本大震災復興支援プロジェクト)
http://blockrelease.net/project/

【Elfin-Lord(エルフィン ロード)(顧問契約・スクール・セミナー)】
http://elfin-lord.com

【saintarrow高次元エネルギーアチューンメント(遠隔セッション)】
http://saintarrow.co.jp/

【WEBSHOP】
http://saintarrow.free.makeshop.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

saintarrow at 18:00│Comments(12)

この記事へのコメント

12. Posted by 浩美   2012年12月24日 15:10
いつもありがとうございます。

儀母が 依然したことあると聞いたことありますが・・
10kgくらいのリュックを背負って20kmもあるのですか?すごいですね・・

階段から落ちて骨折した私の母の退院後のリハビリで散歩すのを一緒について回ったのですが・・
退院後なのに 1時間くらい平気で歩くのです。精神力の強さでしょうか・・
ついていた私のほうが ぐったりで 倒れてました。

私も母も 四国お遍路するから 一緒に来てといわれても・・(><)山もあるそうですし とても 私無理そうです・・
11. Posted by みいちゃん   2012年12月22日 15:04
記事興味深く拝見しております。
みかんのミイラ、このような状態のみかんはたまにあります。今まで何度か遭遇しています。過去は気にもしてませんでしたが、実際この状態は何なのか、みかん農家やその関係の方に確認してみたくなりました。
10. Posted by 理子    2012年12月19日 14:16
4 興味深いお話ですね〜。みかんは水分(生命エネルギー?)を失うのだとしたら、私たち人間に憑依すれば、なるほど顔が赤黒く変色しますよね、、生気が無くなるというか。。以前私はヒーリングDVDで憑依を払ったのですが、こんなにも色白でキレイな肌だったのね?状態になりましたよ!
9. Posted by 下谷 勝   2012年12月19日 02:33
5 一寸身震いするようなお話しですね。
すると東大寺二月堂の『など、吾が名を呼ばん!?』の“青衣の女人”も有った話でしたか!

皮はおいしそうな蜜柑で中が皺皺では、杖の力があったとしても、途中で引返すかもしれません。

“南無大師遍照金剛”
8. Posted by 鎌野 雅美   2012年12月18日 22:46
5 いつも興味深いお話ありがとうです。わくわくしながら、読ませていただきました。四国のお遍路さん、一度行ってみたい所です。が、この話を聞くと(やっぱやめようかな・・・)と思いました。お寺や神社には、いろいろな言い伝えや、パワーがあるので、楽しみ半分怖さ半分です。友美先生は、見えたりするので、もっと怖いでしょうね 今日も、楽しいお話おもしろかったです。
7. Posted by ラナンキュラス   2012年12月18日 22:40
4 四国お遍路は、7年前くらいに一回行ったことがあります。

焼山寺と聞いて懐かしくなりました。

僕はその山を登るとき、その日寝不足だったにも関わらず、山に落ちているゴミ拾いをしたり、アリンコ1匹踏みつぶさないように歩いたり、よりによって遍路の中で1,2を争うほど険しい山だったのに、その日に限って50匐瓩歩いたりと、不思議な力が出てくる山でした。

おそらくその場に残された記憶を共感しようとして、無意識にやっていたのではないかと思います。

あと、10数年前が学生だったという話を聞いて、思ってたよりずっと佐藤さんたちがお若い方だったのでびっくりしました(^^;
6. Posted by ようこ   2012年12月18日 22:24
あ、書き忘れです。
食べるのはもちろん死んだ人のことです。
5. Posted by ようこ   2012年12月18日 22:22
5 みかんの写真を見ながら、娘と「うちでは皮以外は、全部食べるよね」って話になりました。
背中に乗った人は友美さんのために、少し残してくれたのかな?
4. Posted by kT   2012年12月18日 21:06
5 うひゃ〜、ちょっと怖かったです。
3. Posted by ヒカリ   2012年12月18日 20:41
5 いつもメールボックスに送られてくる記事を楽しく、興味深く拝読しています。まじめ一辺倒でなく、こういうユーモラスな記事は良いですね。干からびたみかんを見たくて、リンクをクリックしてこちらに来ました。
あははははははは・・・失礼、思わず大笑い。
吸われましたねーーーー見事に。喉乾いていたんでしょうね、きっと。友美さんの体液(エッセンス)じゃなくて、良かったです。
なんか、大師様が「まあまあ、それくらい、くれてやれ」って仰っているような・・・・
読んだ後おもわず、自分が身体から離れた後、誰か仲の良い(良かった)人でユーモアが分かる人にこんな感じでちょっかい出しそうな気がしてきました・・・
2. Posted by ぴんく   2012年12月18日 19:18
4 いつも遠隔ヒーリングでお世話になります。
今日は、ちょうど会社で暇になった隙に、お遍路の次回行くためにちょうど焼山寺を調べていました。

タイミングにびっくりです。(^o^)

前回は、10番まで歩いた事があるんが、今日のメールみて少しだけ怖くなりましたが(次回から4月から一人でいく為)、やっぱりと思いあたる節がありました。
お遍路って、歩いてるとなぜか意外と早く進まず、はぁはぁしだしたり、重くなったりしたんですが、やはり○○○ミイラみたいな事はあるんですね。

教えて頂きありがとうございます☆
1. Posted by たこちゃん   2012年12月18日 19:12
う〜ん
色々な意味で妙な共感があります
奥さまの友美さんには

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔